顔のかゆいぶつぶつは何が原因?突然できる湿疹の対策方法

顔のかゆいぶつぶつは何が原因?突然できる湿疹の対策方法

顔のかゆみは乾燥しやすい時期に特に起こりやすく、他に比べて皮膚が薄いため外的要因が刺激になりやすいものです。

顔に突然できるぶつぶつは、ニキビやそれ以外の湿疹など色んな原因が考えられますので、今回紹介する対策方法を参考にしてみてください。

 

Advertisement

 

顔に突然ぶつぶつができてしまう原因

顔に突然ぶつぶつができていしまい、原因がわからない・・・という方は、以下のいずれかの症状に当てはまる可能性が高いです。

  • ニキビ
  • かぶれ
  • 皮膚炎
  • アレルギー

どれもかゆみを伴うものですが、赤みが出たり、頬や鼻などぶつぶつの箇所によって原因が異なります。

かぶれの場合、外部の何かしらの物質が刺激になったり、女性の方は化粧によってかぶれる「化粧かぶれ」の可能性があります。

 

avatar

ニキビや皮膚炎は、個人の体質の他には、乾燥が根本原因となって疾患に現れることが多いので、以下の特徴毎に症状を見直してみましょう。

 

小さい白いぶつぶつの正体

顔にできる白いぶつぶつの正体は、稗粒腫(はいりゅうしゅ)と呼ばれる毛穴に皮脂や角質が溜まった状態の可能性があります。

稗粒腫は主に目の下周辺にできることが多く、原因は体質と言われており明確な原因は不明とされています。

顔全体に白いぶつぶつができる場合は、水晶様汗疹という”あせも”かも知れません。

 

avatar

あせもは数日間で自然と症状は収まるので、特別警戒した方がよい疾患ではありません。

 

いずれもかゆみを伴うものではないので、顔にできるかゆいぶつぶつは皮膚が炎症を起こしているかも知れません。

かゆみを伴う赤い斑点や湿疹の正体

顔にできる赤い斑点の正体は、以下のいずれかである可能性が高いです。

  • かぶれ
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 乾皮症(皮脂欠乏性湿疹)
  • 伝染性膿痂疹

かぶれ

かぶれには大きく「接触性」と「アレルギー性」の2つがあります。

特定の物質が肌に触れることでかぶれを起こすものを接触性、アレルゲンと呼ばれる人によって異なる原因で発症するものをアレルギー性と呼びます。

かぶれは物理的・体質的な問題で起こり、人によって特定の物質は違いますが、原因として多いのは金属や化粧品、薬などです。

外的な環境要因で多いのは、紫外線や乾燥、ハウスダストなどです。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹の特徴は強いかゆみが出ることです。アレルギー体質の人に発生しやすく、ほとんどの場合原因が不明であるとされています。

ただ蕁麻疹が発生した人の多くの原因は、食べ物に含まれる添加物であったり、ハウスダストやダニ、ストレスも関わると言われていますので、身の回りの様々なものが原因になると考えた方がいいでしょう。

乾皮症(皮脂欠乏性湿疹)

高齢者に多いとされる乾皮症は、アトピー性皮膚炎のような皮膚疾患の症状が出ます。

肌が乾燥してかゆみを引き起こし、かきむしってしまう事でさらに悪化させやすい疾患です。

肌は加齢と共にバリア機能が低下していくため、乾皮症は高齢者に多いのですが、若い人でも乾燥肌であったりアトピー体質の人など保湿機能が低下している人は注意です。

伝染性膿痂疹

細菌などの感染によって赤い湿疹、かゆみが出ることがあります。これが「伝染性膿痂疹」です。

一般的には「とびひ」と呼ばれるもので、症状としては水疱を伴うので他の疾患とは若干異なります。

伝染性膿痂疹の治療は個人では難しいので、早めに皮膚科を受診されることをおすすめします。

顔の赤くかゆい腫れの原因と対策

突然、顔にかゆくて赤いぶつぶつができた時は上記で紹介した「かぶれ」の可能性を疑いましょう。

かぶれの原因は人によって異なる特定物質との接触ですので、以下のいずれかが原因になっていないか確認してみましょう。

  • 薬(外用薬・内服薬など)
  • 生活用品(洗剤・ゴム製品・シャンプーなど)
  • 化粧品(口紅・乳液など)
  • 装飾品(アクセサリー・眼鏡など)
  • 香辛料(唐辛子・コショウなど)
  • 食べ物(卵・牛乳・小麦粉など)

かぶれ以外では、乾燥による皮脂の過剰分泌によって毛穴が炎症を起こし、ニキビや乾燥性の皮膚炎になっている場合もあります。

ニキビは水分と皮脂のバランスが重要です。洗顔時は泡で撫でるように優しく刺激を与えない様にし、洗顔後はすぐにたっぷりと保湿を行いましょう。

ニキビができる場所によって対策方法は若干ことなりますが、基本的には正しいスキンケアが大切です。

 

avatar

乾燥による赤いぶつぶつも対策方法は同様で、保湿で低下しているバリア機能を回復させないと、外部の刺激がすべて肌トラブルにつながってしまいます。

 

アトピー性皮膚炎の対策は何よりも保湿

赤いぶつぶつが治っては繰り越しでき・・・という人は、後天的なアトピー性皮膚炎の可能性があります。

元々喘息を持っている人は、後天的にアトピー性皮膚炎を発症する可能性があり、その逆もあると言われています。

 

avatar

アトピー性皮膚炎は根本原因の特定が難しく、「これをやっておけば大丈夫」というものが正直ないのが悩みです。

 

人よりも肌の乾燥が進みやすいのは間違いないので、スキンケアの基本である”保湿”を徹底することをおすすめします。

アトピー性皮膚炎の治療は、皮膚科では外用薬であるステロイド剤を処方されることが多く、ステロイドの効果は抜群です。

使いすぎは副作用の恐れもあるので対策の基本は保湿であることを忘れないでください。

かゆくない赤い斑点やぶつぶつ

顔にできる赤い斑点は多くの場合かゆみを伴いますが、稀にかゆみを伴わない場合があります。

かゆくない顔の斑点やぶつぶつは、サプリメントなどの副作用が原因である「薬疹」の可能性があります。

もしかゆくない湿疹が出た場合は、早めの対策が大事ですのでまず皮膚科へ行きましょう。

肝機能の低下でかゆみが出る

上記では皮膚トラブルが原因の場合について紹介しましたが、かゆみの原因として見た目には現れないケースもあります。

肝臓の機能が正常でないことで、かゆみやその他の身体的異常を引き起こすことがあります。

以下のような場合は、肝機能に異常が無いか念のため病院で検査してみるとよいかもしれません。

  • かゆみはあるが見た目に変化がない
  • かゆみが収まらない
  • 強烈なかゆみが出る
  • かゆみ止めが効かない

ストレスは湿疹の原因になりやすい

ストレスが原因で顔にかゆい湿疹が出ることもあります。

ストレスによってホルモンバランスが崩れ、皮膚の正常な働きを阻害してしまうことで乾燥しやすくなったり、肌のバリア機能が低下し刺激を受けやすい状態になるためです。

 

avatar

仕事が忙しく、毎晩遅くまで起きている人はストレスの面からも肌トラブルを引き起こしやすい状態なので要注意です。

 

顔のぶつぶつに効くおすすめの薬

顔の赤いかゆみに効く薬といえばステロイドですが、ドラッグストアで買える物の中では「フルコートf」がおすすめです。

ミルクティーさん(@mirukutei8478)がシェアした投稿

使用は1日に2回まで、かゆみや赤みの症状がでた時に患部に塗ります。ステロイドは皮膚が薄くなる副作用もあるので必ず患部だけ、使用回数を守って使用しましょう。

「ステロイドは抵抗があって使いたいくない」という人は、非ステロイド剤のかゆみ止め「メンソレータム カユピット」がおすすめです。

さちさん(@sachie_ootsuka)がシェアした投稿

顔のかゆみをすぐに抑える鎮静効果と、湿疹や赤みを改善する効果があります。

非ステロイドであり尿素無配合なので、デリケートな顔部分にも安心して使う事ができます。

顔にかゆいぶつぶつができてしまい、すぐには皮膚科に行けないという場合はこれらの薬で暫定的な改善を行うことができます。

とはいえ、手軽に市販の外用薬で済ませるのではなく、行けるタイミングで皮膚科を受信しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Advertisement