顔のかゆい湿疹に効く市販薬|かぶれや花粉症など症状別に紹介

顔のかゆい湿疹に効く市販薬|かぶれや花粉症など症状別に紹介

顔がかゆいと気になって他のことに集中できなかったり、赤く腫れて跡になってしまったりと、慢性的な症状に悩んでいる人も多い顔の湿疹。

できれば、日頃からかゆみが出たときにすぐ症状を治めたいもの。

今回は”かゆいところに手が届く”、すぐに使えるかゆみに効く市販薬を紹介します。

 

Advertisement

 

顔にできるかゆい赤い腫れの原因

顔にできるかゆい赤い腫れの主な原因は以下の5つです。

  • アレルギー
  • 乾燥
  • 食べ物や飲み物
  • アルコール
  • ハウスダスト

かゆみを伴う赤い腫れの原因は複数あり、食べ物やハウスダスト、アレルギーなど人や環境によって様々です。

顔の湿疹やかゆみの原因として多いのは乾燥です。肌は保湿成分が保たれている状態では正常にバリア機能が働き、紫外線などの外的刺激から肌を守ることができます。

しかし、乾燥した肌はバリア機能が低下してしまっているので外部からの刺激を受けやすく、皮膚の奥深くの組織で免疫反応を起こし炎症となります。

食べ物やハウスダスト、アレルギーの場合は原因が千差万別で、”生き物の毛”がだめな人もいれば、”特定の食べ物や飲み物”が湿疹を引き起こすこともあります。

顔にできる湿疹やかぶれの原因

大きくわけると「乾燥」か「アレルギー性」の2つが主な原因となります。

赤い湿疹やかぶれはかゆみを伴うことが多いですが、かゆみは”極々軽い痛み”と呼ばれることもあるように、刺激に対する皮膚の反応によって引き起こされます。

湿疹やかぶれといった皮膚の炎症も似たようなもので、外部の刺激が原因で起こる事が多いです。そのため、肌のバリア機能を正常に保っていないと起こりやすい肌トラブルでもあります。

肌は乾燥すると表被膜という肌のバリア層が弱まり、上記のようなかゆみを伴う炎症につながりやすくなります。

アレルギー性は外的な要因と内的な要因があり、外的要因は接触性皮膚炎と呼ばれ、特定の物質に触れることでかぶれてしまうものを指します。内的要因は食べ物や飲み物など、人によって異なるアレルゲンによって引き起こされます。

顔がかゆいときにおすすめの薬

顔のかゆみは炎症を伴うことが多いため、かゆみ止め成分だけでなく”抗炎症作用”も期待できる薬がおすすめです。

かゆみ止めにはよくステロイド剤の含まれたものが使われますが、一次的に炎症やかゆみを抑えられたとしても、肌のバリア機能を低下させてしまう可能性もあるためすぐにぶり返してしまいます。

かぶれや湿疹ができやすい人は元々肌が弱かったりするので、なるべく低刺激、アルコールフリーのものを選ぶと良いです。

顔のかぶれや赤みに効き、目の周りにも使えるおすすめ市販薬

小林製薬 キュアレア

  • メーカー名:小林製薬
  • 商品名:キュアレア(第2類医薬品)
  • 価格:1,000円(税抜)
  • 容量:8g
  • 効果・効能:湿疹、皮ふ炎、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも
  • 有効成分:ウフェナマート(抗炎症) 5g、ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン) 1g、グリチルレチン酸(抗炎症) 0.3g

キュアレアの効果

非ステロイドなので、皮膚が薄い顔でも安心して使えるかゆみ止めです。

かゆみ止めの成分だけでなく、赤みや炎症を抑える効果も併せ持っているため症状を全般的に抑えます。

特に目の周りは眼球に近く皮膚も薄いのでとてもデリケートですが、キュアレアは目の周りの肌トラブルにも使えることで人気です。

小林製薬がとった「キュアレアのユーザーアンケート」では、約半数が「目の周り」に使用し次いで「頬」、その他は「あご」や「ひたい」に使っている人が多く、かゆみや炎症をしっかり抑えてくれるのに刺激がなく喜ばれています。

化粧品などのかぶれ、乾燥による赤みや湿疹にも使えて万能な市販薬となっています。

キュアレアの副作用

キュアレア含まれる有効成分は安全性が高いため副作用は起こりにくいとされています。ステロイドや尿素といった皮膚に負担を与える成分も入っていません。

ただキュアレアはあくまでかゆみ止めですので、抗炎症作用があるからといってニキビの治療薬ではないことを忘れずに。

薬によってアレルギーを起こしてしまう人は、即刻使用を中止して医者の診察を受けましょう。

ロート製薬 カユピット

  • メーカー名:ロート製薬
  • 商品名:カユピット(第2類医薬品)
  • 価格:1,200円(税抜)
  • 容量:15g
  • 効果・効能:かゆみ、湿疹、皮膚炎、かぶれ、じんましん、ただれ、あせも、虫さされ、しもやけ
  • 有効成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩 20mg 、リドカイン 5mg 、アラントイン 2mg、グリチルリチン酸二カリウム 5mg

カユピットの効果

かゆみの元になる”ヒスタミン”の働きを抑える「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という成分が、しつこいかゆみを鎮めてくれます。

カユピットもキュアレアと同じくかゆみ止めと抗炎症作用を併せ持つ市販薬です。

ジフェンヒドラミン塩酸塩やリドカインがかゆみを鎮め、アラントインとグリチルリチン酸二カリウムが皮膚に赤みや炎症を改善します。

こちらもアルコールフリーで非ステロイド、無香料で弱酸性と肌に優しい作りになっているので安心して使えます。

カユピットの副作用

副作用を起こしやすい成分は含まれていないので、基本的に容量・用法を守って使用していれば副作用の心配はありません。

しかしアレルギーを起こす人も中にはいるので、完全に副作用がない訳ではなく、使用後に以下のような症状が現れたら使用を中止してください。

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • はれ

花粉症で顔がかゆいときにおすすめの薬

花粉症で顔がかゆいときにも、キュアレアとカユピットが効果的です。

花粉による顔のかゆみは、乾燥や肌質など何らかの理由で低下した肌のバリア機能が原因で刺激を受けやすくなることで症状が出ます。

肌表面で花粉でブロックできるようにするため、肌のバリア機能を正常化しなければなりません。

キュアレアもカユピットもデリケート部分に使いやすく、抗ヒスタミンと抗炎症作用によって肌のバリア機能を正常化する役割を持っています。

もしこれらの市販薬を使い続けても症状がよくならない場合は、花粉が直接的な原因ではない可能性があるので、使用をやめて病院へ行きましょう。

脂漏性皮膚炎に効く市販薬

第一三共ヘルスケア オイラックスA

  • メーカー名:第一三共ヘルスケア
  • 商品名:オイラックスA(第2類医薬品)
  • 価格:800円(10g)、1,400円(20g)、1,900円(30g)
  • 容量:10g、20g、30g
  • 効果・効能:かゆみ、湿疹、皮膚炎、かぶれ、じんましん、ただれ、あせも、虫さされ、しもやけ
  • 有効成分:クロタミトン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、グリチルレチン酸、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール

脂漏性の湿疹やただれにおすすめなの市販薬は”オイラックスA”です。

脂漏性皮膚炎は、皮脂の過剰分泌やホルモンバランスの崩れによって汗をかきやすい場所が赤くなったり、湿疹ができてかゆくなる症状が特徴です。

汗を餌に繁殖するマラセチア菌という常在菌が原因で炎症が起こり、額やTゾーン、鼻などにできやすい皮膚炎とされています。

オイラックスAは非ステロイドですが、虫刺されやかぶれといった5種類のかゆみ止め成分に加えて殺菌剤も配合されています。

もしオイラックスが効かない場合は、ステロイド剤による治療を試みた方がよいでの皮膚科の受診をおすすめします。

かゆみのない湿疹

「湿疹や発疹ができているけど、かゆみはない」

このような場合に疑われるものとして「水疱瘡(みずぼうそう)」があります。

水疱瘡は誰でもかかる可能性がある疾患です。ウィルス感染によって発症し、疲れがたまっていたり、栄養が不足していて抵抗力が弱まっているときにかかってしまう可能性があります。

水疱瘡でできる発疹はかゆみを伴わず、痛みが生じます。感染から数日後に発症すると言われていおり、幹部が赤くなっていきます。

一見すると虫刺されのようにも見えるのですが、水疱瘡は感染症なので病院での治療が必要になります。

 

かゆみを伴う湿疹ができた場合は、できるだけ早く皮膚科を受診することをおすすめします。

ご自身では症状を正確に判断できないため、正しい薬を選べなかったり、正しい使い方ができない可能性があるためです。

「今すぐにかゆみを止めたいけど、病院に行く時間がない!」という人は、今回ご紹介した市販薬を試していただければと思います。

すぐに手に入り効果も抜群で便利なだけに、依存は絶対NGです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Advertisement