顔の赤みの原因はひとつじゃない!主な原因の症状と治療方法

顔の赤みの原因はひとつじゃない!主な原因の症状と治療方法

顔に赤みが出ることは決して恥ずかしいことではありません。

しかし、顔の赤みが気になり精神的に良くない影響を与えているのであれば、その原因が何であるかを知ることは悩みの解消に繋がります。

赤みや炎症の原因は非常に多いため、個人個人で異なる原因を知る必要があります。

 

Advertisement

 

顔の赤みの主な症状

顔全体に現れる赤みは、一見すると恥ずかしさで高揚していただけだったり、日焼けが原因であると考える人が多いかもしれません。

しかし日焼けのケアをしてもが赤みが改善しない場合、原因は別の要因である可能性があります。

顔に赤みがでるときの特徴や症状を見ていきましょう。

顔に赤みが出るときの特徴

  • 顔全体、特に頬と鼻の赤み
  • 頬と鼻に見える小さな棘状の血管
  • ざらつき感、痛み、灼熱感
  • 均一ではない皮膚の厚み、特に鼻の周り

顔に赤みが出やすい人のタイプ

  • 肌の色が白い人
  • 男性よりも女性
  • 普段から顔に熱感を持っている人
  • アルコール依存症の人

顔の赤みが起きやすい時期

  • 運動中

熱は血管を拡張する作用があり、日光や風にさらされると皮膚は乾燥し、刺激を受け、軽度の火傷を起こすことがあります。

人の肌は温度差を感じると毛細血管が拡張します。拡張した毛細血管が透けて見えることで顔に赤みが生じます。

例えば冬の寒い季節に外から帰宅し、暖かい部屋に入った瞬間に顔が赤らむ経験をしたことがある人は多いと思います。この顔の赤みが毛細血管の拡張によるものです。

顔の赤みの深刻度

軽度の赤みはそれほど深刻ではありません。しかし顔の赤みを恥ずかしいと感じることで自信を失い、二次的な問題を引き起こす場合もあります。

顔の赤みがひかない場合、深刻な状態の兆候の可能性があるため無視はできません。

顔の赤みが目の痛みや刺激を伴う、または鼻の周りの皮膚が腫れると、視力の低下、顔面の変形、正常な気流の閉塞につながる可能性があります。

顔の赤みやかゆみの主な原因

顔の赤みは日焼け、酒さ、脂漏、ニキビなど複数の原因によって引き起こされる可能性があります。

肌荒れや赤みを緩和したい場合は顔の赤みを引き起こす原因を知ることが重要であり、影響を与える要因は複数あります。そのため、赤みを引き起こしているものを特定することが治療の第一歩となります。

  • 日光
  • ストレス
  • 激しい運動
  • カフェイン
  • 乳製品

これらはすべて、顔の赤みや炎症のきっかけとして知られています。

原因が複数あることで頭を悩ませる気持ちはわかりますが、これから紹介する症状と合わせてご自身の原因を調べていきましょう。

顔の赤みは、狼瘡のような重篤な疾患から軽度の湿疹など広範囲に及びますが主な原因は以下です。

顔の赤みの原因①:酒さ

赤ら顔の主な原因のひとつは酒さです。これは一般的には完治しにくい慢性的な皮膚疾患とされています。

酒さは顔の中心部分、特に鼻付近に赤みを生じることが多いです。

酒さの症状

  • 顔の赤み
  • 小さな赤い吹き出物
  • 血管が透けて見える
  • 結膜炎や角膜の炎症を含む目の異常

これらの症状が現れている場合は酒さが原因である可能性があります。肌がきれいで色白の人がなりやすい傾向があります。

顔が赤いのは敏感肌であるせい、顔が紅潮しているだけだと考え、赤ら顔の原因が酒さだと気付かない人は多いとされています。

ニキビとは異なり酒さは酷く悪化しませんが、赤みを減らし症状を軽減できる治療法はあります。

酒さの治療と予防

酒さの正確な原因はまだ分かっていませんが、血管の異常反応、バクテリア、スキンケア用品の不適切な使用、紫外線、アルコールの過剰摂取や食事不足など、生活習慣がトリガーとなっている場合が多いです。

酒さを完璧に予防することはできませんが、トリガーとなる原因を避けることで症状を改善できます。

辛い食べ物を控える、喫煙を避ける、毛穴を詰まらせないために日焼け止め効果のある化粧品の使用を心がけましょう。

顔の赤みの原因②:ニキビ

ニキビは世界でも一般的な皮膚疾患であり、アメリカだけでも毎年5000万人以上の人に影響を与えています。

一般的に耳にするのは思春期ニキビと呼ばれる思春期特有の症状ですが、ほとんどの場は成長と共に思春期ニキビは改善していきます。

対して大人ニキビは、顔の赤みと痛みを伴う腫れた状態になることがあります。

ニキビの原因

ニキビの原因菌であるアクネ菌は、皮膚の表面にある小さな毛穴が皮脂や死んだ皮膚細胞、細菌、細胞の残骸で塞がれたときに形成されます。

人間の皮膚には皮膚下の油腺につながる毛穴があり、皮脂腺が皮脂と呼ばれる油性の液体を作ります。皮脂は外部の刺激から保護する役割を持っています。

これらの皮脂線が皮脂で詰まるとアクネ菌が発生し吹き出物を成長させ、さらに皮脂が皮膚の下に蓄積します。

皮膚細胞や皮脂が一緒に詰まることでアクネ菌などの細菌に感染し赤い腫れを引き起こし、その結果ニキビとなります。

ニキビの治療と予防

ニキビに悩んでいる人は、肌に優しい化粧品を使用して毎日のスキンケア療法を徹底することが重要です。

顔の赤みがある場合は、洗顔料や化粧品で肌に刺激を与えないことが特に重要です。ゆっくりと顔を洗い、さらに刺激を避けるために激しい洗顔は避けてください。

顔の赤みの原因③:脂漏症

脂漏性皮膚炎としても知られている脂漏症は、世界で毎年何百万人もの人が発症している皮膚疾患です。多くは薄片状の赤色の発疹が現れます。

発疹はかゆみがない場合もあり、頭皮にできる発疹はふけの発生の原因となります。脂漏性の発疹は胸部、腹部、臀部、腕の下または膝の後ろ、鼠径部の皮膚の折畳まれる部分に多く見られます。

脂漏性の発疹ができやすい年齢は30歳~60歳と言われており、女性よりも男性の方が多く、乾燥肌よりもオイリー肌の方がかかりやすいです。

脂漏症の原因

ヘルスケアの専門家でも脂漏の原因は正確には把握できていませんが、主な原因は以下のものがあります。

  • 余分なストレス
  • 遺伝的素因
  • 酵母菌(マラセチア)の繁殖
  • 気温が低く乾いた気候

脂漏性の治療と予防

脂漏症は通常、生活習慣の乱れによって引き起こされるとされています。ご自身の脂漏症の根本的な原因を特定して治療すれば、顔の赤みと乾燥を解消できる可能性があります。

休息と運動はストレスを軽減するのに役立ち、脂漏性皮膚炎の発症の可能性を減少させます。刺激の少ない洗顔料で毎日顔を洗い、薬用シャンプーと硫黄製品を使って皮脂のバランスをコントロールすることを意識してください。

顔の赤みの原因④:ループス

ループスは、臓器、関節、および皮膚を含む身体のほぼすべての部分に損傷を引き起こすことがある慢性自己免疫疾患です。ループスはそこまで症例が多い疾患ではありませんが、世界では毎年1万6000件以上の新たな症例が報告されています。

ループスは女性によく見られますが、男性、子供、10代の若者も発症する可能性があります。

ループスの原因

遺伝的素因、ホルモンバランスの乱れ、外的環境を含む複数の要因の組み合わせの結果としてループスは発症すると考えられています。

ループスに関連する遺伝子は50個以上のがありますが、いずれも直接の関係は証明されていません。

外的環境については研究者の間で意見が分かれています。ほとんどの人はウイルスや化学物質がこの病気を引き起こすとしていますが、潜在的なトリガーの例としては以下のものなどがあります。

  • 紫外線
  • 感染症
  • 風邪
  • 疲労
  • 過度なストレス

ループスの治療と予防

ループスは予防できませんが、早期の診断が疾患の改善に役立ちます。ループスが疑われる場合はリウマチの専門医に相談してください。リウマチの専門医は、様々な薬を使用してループスの症状を治療することができます。

顔の赤みの原因⑤:湿疹(アトピー性皮膚炎)

顔の赤みだけでなく乾燥とかゆみがあり、肌のひび割れも引き起こしている場合は、アトピー性皮膚炎による湿疹の可能性があります。

アトピー性皮膚炎による症状の多くは、肘の内側、膝の後ろ、脇の下、顔、首、手足など、乾燥した赤色の湿疹が最初に現れます。

湿疹(アトピー性皮膚炎)の原因

他の疾患と同じくアトピー性皮膚炎も直接的な原因を特定することが難しく、遺伝的要因と環境的要因の両方の組み合わせによって発症すると考えられています。

これらの要因として、以下に代表される特定の刺激物が原因となっている可能性があります。

  • 石けん
  • 洗剤
  • シャンプー
  • ジュース

環境要因には特定の食品(特に乳製品)がトリガーになっていることも多く、にきびと同様に、ホルモンの変動も湿疹や過剰な顔の赤みを引き起こす可能性があります。

湿疹(アトピー性皮膚炎)の治療と予防

湿疹の特別な治療方法はありませんが、顔の赤みの出現頻度を減らす方法はあります。

医師がより深刻な湿疹の場合に処方することができる特定のクリームと軟膏がありますが、アトピー性皮膚炎の場合、顔の赤みとかゆみを軽減する簡単で自分で実践できる方法があります。

アトピー性皮膚炎による湿疹を治療するために、以下の家庭でできる対策を試してみて下さい。

  • ぬるま湯で洗顔する
  • 保湿剤を定期的に塗布する
  • 通気性の高い衣類を着用する

顔の赤みの原因⑥:ストレス

ストレスがいろいろな形で健康に影響すると長い間言われてきました。過剰なストレスは顔の赤みを悪化させる可能性があります。ストレスによる赤みを防ぐために、ストレスレスな環境づくりを徹底し、定期的に運動し、適切な睡眠時間を確保することを心がけましょう。

顔の赤みの原因⑦:紫外線

太陽の下で過ごす時間が多いと肌が日焼けを起こすことがあることは誰もが知っていますが、紫外線よって顔の赤みが悪化する可能性を問題視している人は意外と多くありません。太陽からの紫外線は血管を成長させます。

紫外線による顔の赤みはレーザー治療で改善できますが、外に出るたびに日焼け止めを必ず塗ることで予防を怠らない様にしましょう。

顔の赤みの原因⑧:アルコール

アルコールは体全体に炎症を起こす可能性を持っており、肌表面に様々な形で問題として現れます。

過剰なアルコール摂取は皮膚の小さな血管を広げ、より多くの血液を皮膚の表面に近づけてしまう作用があります。これにより、毛細血管が傷つく恐れがあります。これらの有害な影響を避けるためにお酒の飲み過ぎには気を付けましょう。

顔の赤みの原因⑨:低品質な化粧品

有害な成分を含む低品質の化粧品を使用すると皮膚が刺激され、赤みやかゆく酷くなります。

もちろん化粧は日々の生活で切っても切れないものですが、肌に優しい高品質の化粧品を選ぶことで顔の赤みの発生を予防することができます。SPF保護と完璧な仕上げが期待できる化粧品を選ぶようにしましょう。

顔の赤みの原因⑩:辛い食べ物

酒さや他の顔の赤みで苦労している場合は、辛い食べ物を避けるようにしてください。500人以上の酒さ患者を対象とした調査では、61%の人が、唐辛子が酒さの兆候および症状を引き起こしたと答えました。その原因は、辛い食べ物が皮膚の血管を拡張し、顔の赤みを引き起こすためです。

顔の赤みを改善したい場合は、まずご自身の肌の刺激が何によって受けているか原因を調べましょう。問題の根本を見つけることで最良の解決策を見つけらますので、ときには医師に相談し、上記の対策のいくつかを試してみてください。

自然療法で顔の赤みを改善!

外見を左右する顔の赤みはストレスの原因にもなり誰もが簡単に改善したいと考えています。しかし多くの人々は敏感な肌を持っており、様々な製品や物質(植物性のものを含む)によって肌は刺激されてしまいます。

顔の赤みに悩んでいる人は、新しい治療法を導入する際には注意が必要です。週に1回だけ新しい治療法を試し、小さな範囲でスポット的にテストをしてから顔全体で使用してください。

ニキビや酒さ、脂漏性皮膚炎を治療するための全体的なアプローチは、特定の薬や医療品に依存することではありません。身体の最大の臓器として、皮膚はあらゆる数の体内の影響を受けるため、内面からの治療は根本改善として最も効果的な手段です。

ニキビ患者は皮膚が赤くなることがあります。酒さの人は太陽やワインのような外的要因をトリガーとして赤ら顔になります。皮膚炎の症状は、口、顎、鼻のまわり、さらには目の近くまで赤みを引き起こします。

顔の赤みの原因が何であれ、優しく効果的な簡単なホームトリートメントを試すことをおすすめします。

きゅうりのマスク

きゅうりの顔の赤みに対する効果を確認する科学的な研究はありませんが、何百年もの間、きゅうりは自然の家庭薬として使用されてきました。

きゅうりの赤み改善効果はの歴史は古く、植物学者で医師のニコラス・カルペパーが顔から赤みを取り除くこと効果があると1649年に発見しています。

具体的なきゅうりマスクの作り方ですが、きゅうりをフードプロセッサーに入れてフェイスマスクとして使用してください。冷却を追加するには、冷蔵庫で冷やしたキュウリを使用してください。

抗炎症作用の食事

抗赤療法の最も重要なことは身体の炎症を軽減することです。その基本として抗炎症食というガイドラインに従うことです。

体内の熱を取り除くためにも、アルコール、辛い食べ物、熱い飲み物など、体温を上げる食品や飲み物は避けてください。

魚の油を由来とするサプリメントやプロバイオティクスも役立ち、さらに以下の食品も特に赤ら顔の」改善には効果的です。

  • リンゴ
  • セロリ
  • ココナッツ
  • キュウリ
  • メロン
  • ピーチ
  • パパイヤ
  • ホウレンソウ

コロイド状のオートミールマスク

湿疹のかゆみと赤みに効く一般的な治療法であるコロイド状にされたオートミールは、顔の赤みの改善効果ができる自然療法です。コロイドオートミールを使った方法は簡単で高い効果があると言われている治療法です。

コロイド状にされたオートミールは肌に潤いを与えるだけでなく、皮脂バランスの調整も行いニキビに有効です。

アメリカの有名誌によると、コロイド状のオートミールは皮膚の保護や抗炎症特性を持っており、保湿効果を有することが証明されました。肌に刺激を与える可能性が低く、アレルギーを起こす可能性も非常に低いとされています。

使い方は、コロイド状にした100%純粋なオートミールをティースプーンを使って手のひらに注ぎ、十分な水と混ぜてマスクを作り顔に乗せます。そして10分間乾燥させた後に水ですすいで流してください。この安価で簡単な治療方法は週に4回までを目途に使用するようにしましょう。

マヌカハニー

マヌカハニーは、主にニュージーランドでマヌカの木の花を餌とするミツバチによって生産されます。

マヌカは抗酸化物質が豊富で強力な抗炎症薬として知られており、ニキビの原因となる細菌に対して抗菌する効果を持っています。また、酒さや脂漏性皮膚炎にも効果があり、肌に潤いを与えながら赤みを消すことができます。

マヌカハニーを使うときは、UMF / OMAの評価が15以上のマヌカを購入してください。この評価番号は、ニュージーランドの科学者によって開発された蜂蜜の活動レベルを表すシステムから来ています。毎日の洗顔時に皮膚に直接塗布してください。

紅茶や緑茶

ペパーミント、カモミール、緑茶が顔の赤みを改善するとして注目されています。

緑茶に含まれるポリフェノールは皮膚細胞の若返り効果があるとされており、緑茶を飲むことであらゆる健康上のメリットがあります。加えて、特に酒さ患者の症状改善のために使われることもあります。

カモミールとペパーミントティーは、あらゆる種類の顔の赤みを改善すると言われています。ですが、もしブタクサアレルギーを持っている場合カモミールを使用しないでください。ブタクサとカモミールは相性が良くないためです。

紅茶を圧縮するときは、10分間沸騰させた水でいくつかの袋を急勾配にします。その後、冷蔵庫で液体を冷やします。冷やした紅茶を洗面器に注ぎ、1分間に1〜2回ほど顔に押し付けます。

肌の赤みを消す化粧品

白漢 しろ彩 ラメラローション

赤ら顔に効く化粧水といえば「白漢しろ彩」です。

しろ彩独自の技術である”多層浸透型バリアテクノロジー”によって、保湿成分が角質層の深くまで浸透します。

皮膚科で治療を行っても改善されなかった赤ら顔が、このしろ彩ラメラローションで改善の兆しが見えたという方もいますので、その改善効果は口コミの数だけ証明されていると言っても過言ではありません。

しっとりとした肌触りなので刺激が気になる人もいるかと思いますが、低刺激なのでかゆくなるリスクも少なく、「敏感肌専用の化粧水」と謳うだけあって肌全体が落ち着く感覚を得られます。

しろ彩は乾燥を防ぐだけでなく、もう一方の赤ら顔の原因である「毛細血管が拡張」を抑える働きもあります。「海洋エキス性」という美容成分によって、広がった血管を収縮し顔の赤みを抑えます。

公式オンラインショップでしろ彩を購入

  • メーカー:株式会社エクラ
  • 商品名:白漢 しろ彩 ラメラローション
  • 価格:5,600円 ※定期コースなら20%OFFの4,480円!
  • 容量:100ml
  • おすすめ度:★★★★★ 5.0
  • 主成分:水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、プランクトンエキス、アルギニン、クエン酸Na、シクロヘキサシロキサン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、オクタカプリル酸ポリグリセリル-6、PEG-60水添ヒマシ油、プラセンタエキス、グリコシルトレハロース、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ステアリルアルコール、PPG-6デシルテトラデセス-30、加水分解水添デンプン、リン酸アスコルビルMg、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、クエン酸、メタリン酸Na、コンフリー葉エキス、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、ポリ-ε-リシン、シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na、ショウガ根茎エキス、センキュウエキス、セラミドNG、カンゾウ葉エキス、セラミドNP、水溶性コラーゲン、ブクリョウエキス
  • 市販×
  • 購入先:公式オンラインショップでしろ彩を購入

白漢 しろ彩 ラメラローションの口コミ

何年もニキビ跡の赤みに悩んでましたが、これを使用し始めてからは、今までが嘘みたいにみるみるうちに肌がきれいになっていきました。今までにもいろいろな化粧水やスキンケアを試してみましたが、全然効果がなかったので、これには本当に驚きました。

★★★★★

富山県 なお様 32歳

本当におすすめ!乾燥と敏感肌で困ってました。頬が乾燥しすぎてザラザラしていて、チークを塗らなくても赤い状態。敏感肌の友人に良いと聞いたので、こちらの化粧水を使ってみた所、ザラザラも無くなり赤みも引いてきました。いまはまだ2本目を使い始めたところですが、今後もリピすると思います。

★★★★★

京都府 鈴木様 28歳

出産後から肌質が変わり、肌荒れするようになりました。ひどいときは洗顔でもしみるようになり、何も肌につけられなかったのですが、この化粧水を使ってから、以前の肌に戻ってきた感じがします。旦那にも肌綺麗になったねと言われ、本当に嬉しいです。

★★★★★

秋田県 高橋様 32歳

30を過ぎたあたりから赤ら顔が気になりだし、色々試していましたが、これはHITでした。1ヶ月くらいで赤みも前より引いてきましたし、肌が乾燥しなくなりました!肌にも浸透しやすく、何回つけても肌に入っていくのが感動的!わたしは4回くらいはかさねづけしてます。

★★★★★

茨城県 大田様 34歳

敏感肌ですが、特に刺激なく安心して使用できました、お肌は安定していて、にきび、吹き出物はできませんでした。乾燥も気にならなかったです。香りもなく、本当に信頼できます。

★★★★★

北海道 A様 29歳

赤ら顔の治療は保険適用が可能

赤ら顔の原因として多いのは毛細血管の拡張ですが、外用薬や内用薬ではその拡張を抑えることはできません。

そのため、赤ら顔の治療は美容皮膚科でのレーザー治療を受ける必要がありますが、レーザー治療は保険適用となる場合が多いです。

毛細血管の拡張がなぜ保険適用できるかというと、顔の赤みは美容が目的ではなく日常生活に異常をきたすという判断がなされるからです。

レーザー治療にも保険適用できるものとできないものがあり、保険適用可能なのは色素レーザーと呼ばれるものになります。

ただし、色素レーザーは平均料金相場が1回で10~15万円ほどするので、決して保険適用できるからかなり屋安くなるというものでもありません。

レーザー治療の効果は当然ながらセルフケアに比べて多大なものですが、美容皮膚科での治療を行いたい場合は、赤ら顔の原因が毛細血管の拡張によるものであることをきちんと把握した上でになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Advertisement