顔の赤みやほてりの5つの原因|更年期障害以外でも起きる熱っぽさの正体

顔の赤みやほてりの5つの原因|更年期障害以外でも起きる熱っぽさの正体

顔がなんだが熱っぽく感じるとき、それは顔の「ほてり」のせいかも知れません。

大した運動をしていなくても汗をかきやすくなったり、顔が赤く見えるなど、ほてりによる症状は赤みをはじめ色々とあります。

女性の場合、顔のほてりは更年期障害が原因と思われがちですが、実は男性にも該当する様々な原因があることをご存知でしょうか?

 

Advertisement

 

ほてりの原因

顔のほてりは更年期障害の他にも、ストレスや寒暖差、血流の乱れなどによって引き起こされることがあります。

また自律神経の乱れによって体温の調節がうまくいかなくなり、汗をかきやすくなったり、熱っぽさから頭痛が起きることもあります。

ほてりの主な原因はこちらです。

  • 更年期障害によるエストロゲンの減少
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 寒暖差による血流の乱れ
  • 自律神経の乱れによる体温調節機能の変化
  • 日焼けや熱中症

ほてりの症状

ほてりの症状の特徴として、手足など他の箇所は普通なのに顔だけが熱っぽくなることです。

女性の過半数が経験するとされていて、熱感は数分間で収まる場合が多いです。

夏に感じるほてりの原因が熱中症の場合もあるので、激しい頭痛や脱水症状のような体調不良を感じたら涼しい環境に身を移すようにしましょう。

他にも激しい緊張のような胸のドキドキを感じることもあります。

ほてりの症状として現れるものこちらです。

  • 顔だけが熱っぽくなる
  • 頭痛
  • 発熱
  • イライラ
  • めまい
  • 胸のドキドキ
  • 汗をかきやすくなる

ほてりの治し方

ほてりの原因は大きく分けて2つあり、1つ目は外的の暑さによるもの、2つ目は身体の内側から起きるものです。

高い気温や強い日差しを防ぐためには、日焼け止めを必ず塗ることで顔の内部への熱の侵入を断つことが大切です。

熱ではなく体調の変化によってほてりが発生するときは、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れが起きている可能性が高いです。

そういったときは規則正しい生活を意識し、最低限の睡眠時間を確保したり、適度な運動をするなどストレスを貯めないように気を付けましょう。

ほてりの主な対処法はこちらです。

  • 最低でも8時間以上の睡眠をとる
  • 1日最低30分以上の適度な運動(ウォーキング等でも可)をする
  • 日差し対策のために日焼け止めを使用したり、肌の露出を減らす
  • 寝る前に温め(38℃くらい)の湯船につかる
  • 患部を冷やす
  • 肩や足、背中を軽くマッサージする
  • ビタミンEを多くとる

ビタミンEは自律神経を整える役割があります。

マッサージをするときは、首はあまり行わない方がいいという説がありますのでご注意ください。

理由は、首の後ろから頭の付け根あたりは副交感神経が通っており、ここを揉みほぐそうとすることで逆に不調の原因になってしまう可能性があるためです。

ほてりには漢方が効果的!

ほてりの改善には漢方が効果的であると言われています。

ほてりには動悸やめまい、頭痛といった不調が症状として現れますが、漢方はこれらの不調を改善する効果があります。

女性は更年期障害の改善に漢方を使用することが多く、ほてりをはじめとしたイライラや疲れやすいといった症状には複数に漢方が用いられます。

ほてりの改善に効果的な漢方はこちらです。

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 五積散(ごしゃくさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 当帰薬散(とうきしゃくやくさん)

参考:ツムラ「更年期障害」更年期症状(女性)に用いられる漢方薬

漢方は一種で複数の症状に効くという利点がありますが、体質によって効果の度合いはかなり幅があるとされています。

もし漢方の服用を続けていて、ほてりが中々治らなかったり、自分には合っていないと感じたら使用を中止して医師に相談してみた方がよいでしょう。

まとめ

更年期障害や熱中症以外にも、顔のアトピーや皮膚炎などによってほてりを感じることがあります。

ほてりの対策には、まず原因が日差しや気温によるものなのか、身体内部の不調によるものなのかを特定することが重要です。

顔が熱っぽく感じたら患部を冷やすだけでなく、日頃のストレスや生活習慣を見直すことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Advertisement