ニキビが顔の赤みの原因になる?正しい洗顔で赤ニキビの色素沈着を防ごう

ニキビが顔の赤みの原因になる?正しい洗顔で赤ニキビの色素沈着を防ごう

白ニキビや赤ニキビなど、ひとえにニキビといっても進行状態によって複数の種類に分類され、毛穴が炎症を起こし赤く腫れあがっている状態のニキビを「赤ニキビ」と言います。

赤ニキビは正しくケアしないと肌に赤みが残ってしまい、色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

そんな赤ニキビのケア方法と、ニキビ跡によって色素沈着を起こさない方法を紹介します。

 

Advertisement

 

赤ニキビの原因

人間の肌に常に存在する常在菌の中に「アクネ菌」という菌があり、これが増えすぎることでニキビの原因となります。

ではアクネ菌が増える原因はというと、過剰に分泌される「皮脂」にあり、肌の皮脂量が多いと毛穴が詰まってしまいアクネ菌の増殖とともに毛穴周辺が炎症を起こします。

一度炎症を起こした毛穴は赤く腫れあがっている状態ですので、ニキビそのものが治っても赤みだけが皮膚に残ってしまう可能性があります。

ニキビはできる箇所によって原因とできやすさが異なるので、場所ごとの特徴を覚えておくと正しいケアができるので把握しておきましょう。

おでこにできる赤ニキビ

おでこは皮脂腺と呼ばれる皮脂の出口が多く、比例して皮脂量も多い場所です。

前髪などで蓋をしてしまいやすい場所なので、男女問わずニキビができやすいのがおでこです。

また、シャンプーやリンスなどの洗い残しが多くなりやすいので、きちんとシャワーで隅々まで洗い流すことを心がけて下さい。

特に髪の生え際は、わかっていてもシャンプーなどの洗い残しや皮脂が残りやすいので注意しましょう。

鼻にできる赤ニキビ

おでこに負けず劣らず皮脂量が多いのが「鼻」です。

よく毛穴の開きで悩される鼻ですが、皮脂が溜まりやすいことで毛穴が詰まり易く、凹凸もあるため化粧汚れが落としにくい・・・

鼻のニキビは目立つため触ってしまって悪化させる人が多く、触って傷をつけてしまうと毛穴が炎症を起こします。

目には見えないため油断しがちですが、手にはたくさんの雑菌がいるため、その手でニキビを触ると悪化はしても好転はしません。

顎にできる赤ニキビ

鼻やおでこと違って顎は乾燥しやすいため、乾燥が進むことで皮脂が過剰に分泌されニキビができます。

顎は汗腺が少ないのですが皮脂腺は多いため、乾燥させるとすぐに皮脂量が多くなってしまいます。

また顎は精神状態の影響を受けやすいといわれており、ストレスなどでニキビができやすい場所でもあります。

「正しくスキンケアをしているのに顎のニキビが治らない・・・」という人は、外部ではなく内部の問題ある可能性があります。

ニキビを治すためにはまず正しい洗顔から

顔のニキビは目立つためすぐに治したいですよね。だからといって、焦って色んな外用薬やスキンケア用品をやたらと塗ってはいけません。

ニキビの治療で大切なのは皮脂量のコントロールです。皮脂が多いとアクネ菌が繁殖しますが、少ないとそれはそれで問題で表皮を外部の刺激から守れなくなるため肌荒れしやすくなります。

肌に刺激を与えないように、優しく泡で汚れを吸着するイメージで洗いましょう。手のひらを顔に触れないよう円を描くように十分な泡で撫でるのがポイントです。

【ニキビを治すための洗顔のポイント】

  • 洗顔料はアルコールフリー、パラベンフリーのものが無難
  • 洗顔料は十分に泡立てて使用する
  • 肌に手のひらを直接触れない様に、泡で汚れを撫でるイメージ
  • 洗い流すときはシャワーを顔に直接あてない
  • 30秒以上の長い洗顔は避ける
  • 拭き上げるときはタオルをポンポンと優しく押し当てるように(こすらない)
  • 洗顔後は急速に乾燥が進むため、入浴後すぐに化粧水を付けたあと乳液や美容液で蓋をする

洗顔の回数は朝晩の2回

洗顔の回数については、朝晩の2回が推奨です。

「夜だけで十分」など様々な説がありますが、夜寝ている間にも汗をかいたり寝具に潜む雑菌が顔に付着しているため、朝の洗顔はとても重要です。

他にも、朝も洗顔をした方がよい大きな理由があります。

実は人間の顔には“顔ダニ”というダニの一種が無数に潜んでおり、夜行性のため人間が寝ている間に活動を開始します。

顔ダニの死骸や排泄物が肌の上に残りっぱなしになることで毛穴が詰まったり、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうため肌荒れの原因になります。

朝も洗顔をすることで、この顔ダニの残骸をきれいに洗い流すことができます。

ニキビに効くおすすめの洗顔料

ニキビができている肌は通常時に比べて弱っている状態ですので、刺激をなるべく与えない様にしなければなりません。

洗顔料によっては殺菌のためにアルコールなどが含まれるものがありますが、炎症を起こしているニキビにとっては望ましくありません。

「じゃあどんな洗顔料を選べばいいの?」と疑問に思った方、意外かも知れませんがニキビに一番おすすめなのは「石鹸」です。

無添加の固形石鹸は不要な成分が一切入っていないため、シンプルに余分な皮脂だけを除去することができます。

もちろん、上記の正しい洗顔方法を行うことが前提ですので、石鹸で洗いすぎないように気を付けましょう。

ニキビに効くおすすめの市販薬

学生にはお馴染み、ロート製薬の「アクネス」がなんだかんだで無難かと思います。

その名の通りアクネ菌を殺菌する効果があり、炎症を抑える消炎効果があるので赤ニキビにも効果的です。

また、肌に不可欠なビタミンCとビタミンEを配合しているので肌の保湿機能を回復させてくれる可能性があります。

「可能性があります」と曖昧な表現になったのは、洗顔料はすぐに洗い流すため、ビタミンCとビタミンEが含まれていても肌には浸透しないのでは?と疑問を感じているためです。本当のところ効果の程は未知数です。

まとめ

赤ニキビは毛穴が炎症した状態なので、いかに刺激を与えず優しくケアできるかがポイントです。

間違っても、気にして触ってしまったり潰してしまうことのないよう注意してください。

毛穴を傷つけると、陥没や黒ずみ、クレーターができる原因となるので、「ニキビは触ると百害あって一利なし!」と肝に銘じておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Advertisement